ぎっくり腰の直後はどうすればよい?

ぎっくり腰直後の緊急事態には、できることは冷やして寝るだけ。
これ以外はできません。



今、まさに ぎっくり腰になった!! という方へ

ぎっくり腰は、もうなんと言っても、緊急事態です!

とにかく動けません。
動こうとしたって、動けないものは動けません。
だから、動かさないようにするのです。

その身体の声を、素直に聞きます。
そんな時に、無理をして、病院に行く必要はありませんよ。
もし頑張って行ったとしても、
せいぜい、鎮痛剤や湿布が処方されるくらいなのです。
結局のところ、
できるのは冷やして寝るだけです。

足を机の角にぶつけてしまった! イタタッ〜!!
これと同じようなイメージです。
とにかく、痛みがひくまでは、じっとしている。冷やす。


さて、家での対処方法ですが、

氷嚢(ひょうのう)などで、患部を 「 断続的に 」 冷やします。

注意点は、患部の冷やしすぎ。凍傷の危険があります。
また、患部は冷やしますが、
身体全体まで冷やさないよう、注意して下さい。


すこし落ち着いてきたら・・・

個人個人で差があるでしょうが、しばらく時間が経って、
「すこし落ち着いてきたな。」という時がきます。
必ずきますから、安心して下さいね。

動いてみられるかな? という感じがしたら、
ほんの少しだけ、自分から、動かしてみます。
ダメなら、無理はしません。

「 動けそうだけど、大事をとって、動かさないでおこう 」
なんて考えるのは、危険ですよ。
甘いワナです。引っかかってはいけません。

折角、2004年 ヨーロッパガイドラインを手にしたあなたです。
こういう時に、生かしていきましょう。
「腰痛に屈するな!」 です。

また、患部を温める方向で、血行をよくしていきます。

一番のオススメは、お風呂にはいることです。

患部を含めて身体全体が温まりますし、
気分が穏やかに休まります。



次のページへ ・・・ とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。


はじめての方へ
腰痛は老化現象なの?
医療の進歩のおかげで、腰痛を訴える人の数は減っている?
こんな仕事をしてるから、腰痛はしかたがない・・?
腰痛には安静が第一?
背骨や骨盤に異常があるから、腰痛?
骨盤が歪んでいるから、腰痛?
腰の骨が前に反りすぎているから、腰痛?
椎間板に異常があるから、腰痛がでた?
椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?
こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?
椎間板は腰痛が出るくらいの年代から傷んでくる?
腰痛の原因は、実はまだ解明されていない
腰痛の診療と予防には頼れるガイドラインがある
腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ
2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告
『 腰痛に屈するな! 』メディアキャンペーン
ぎっくり腰の直後はどうすればよい?
とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。
作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録
NHKスペシャル 「病の起源」 【 腰痛 〜それは二足歩行の宿命か?〜 】
お問い合せはこちらから
リンク集



いろいろ試してみたけど、ダメ ・・・という方へ。

いや、能書きはいいから、
この腰痛を、とにかく何とかしたい!という方は →→→ コチラをクリック
当サイトポリシーに照らした、具体的に役立つアドバイスを記しています。
今、実際に腰痛の痛みで悩んでいる方には、助けになると思います。



医療関連ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 腰痛白書。All Rights Reserved.