椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?  ボルボ賞受賞研究!

いいえ。
腰痛のない人の中で、7割超の人に椎間板ヘルニアが、
8割超の人に椎間板変性が見つかった、という報告があります。


−ボルボ賞とは−
腰痛分野の研究についてのノーベル賞とも言われている、
国際腰痛学会(ISSLS)における賞のことです。
ボルボは、スウェーデンの自動車メーカーの Volvo のことです。


腰痛の痛みと椎間板ヘルニアとは結びつかない、という報告

Boos N. ら による研究です。
学術誌 『 Spine 』 1995年 に報告されています。
その内容が評価され、ボルボ賞を受賞しています。

さて、研究の内容です。

腰痛を訴えて、椎間板ヘルニアと診断された患者46名と、
腰痛のない健康な人46名に対して、
腰部のMRIを撮影しました。
その画像に対して、2名の神経放射線医が、椎間板の状態を検証しました。
また、事前に心理社会的側面についてのアンケートを行いました。
どちらのグループも、年齢・性別・職業などは、同じ条件としました。

その結果は、驚くべきものでした。

結果 その1

腰痛のない健康な人の76%に、椎間板ヘルニアが発見されました。
また、腰痛のない健康な人の85%に、椎間板変性が発見されました。

発見された椎間板ヘルニアのタイプは、
腰痛のある人と、腰痛のない健康な人との間で、差がありませんでした。

健常者における椎間板異常


あなたは、腰部のMRI画像をご覧になったことはありますか?
一度も見たことないよ〜という方は、この機会に、一度見てみましょう。

「 腰部 椎間板ヘルニア MRI 」 で Google 検索した画像

画像、いくつか出て来ましたか?
動物の写真も出てきますが、ぜひ、人間の写真を見て下さいね!

小さな骨と骨の間にあるのが、椎間板です。黒っぽく見えるところです。
その後ろには、神経が通っています。白っぽく見えるところです。

椎間板の黒っぽい中に、うっすら白いものがありますが、
それが黒の中にきちんと収まって見えるところは、正常な椎間板の状態です。

さて、椎間板ヘルニアとなっているところは、
黒っぽく見える椎間板が、とび出してきて、白っぽく見える神経を圧迫している。
そんな様子が、はっきり分かると思います。

どうでしょう。
神経をギュッと押しつけていて、もう、見るからに痛そう!! ですよね。
でも、実は、その感覚こそが、くせ者なんです。

思い出して下さい。

腰痛のない健康な人の76%に、椎間板ヘルニアが発見されているのです。
どちらかと言えば、椎間板ヘルニアでない人のほうが、まれなのです。
このような画像の人で、腰痛が全然ないという人は、たくさんいるのです。
それが、この研究が指摘した、重要なポイントです。
その重要性が、ボルボ賞に値するわけです。

腰痛では、こんなケースがよくありますよね。

・ 腰が痛くて病院に行ったら、MRI撮影をすることになった。
・ その結果は、先ほどのような、椎間板ヘルニアの画像であった。
・ 椎間板ヘルニアが神経を圧迫しているから腰痛になっている、と言われた。
・ 圧迫をとるために、手術をすすめられた。

つまり、こういうことです。

腰痛の原因を突き止めようとしている人にとって、
椎間板ヘルニアのMRI画像というのは、ある意味で、
『 説得力がありすぎる 』 画像なんです!
画像を見ると、見るからに痛そう! なわけです。
だから、腰痛の原因はヘルニアだ、を考えてしまうんです。
医師であってもそうですし、
医師から画像を見せられる側の患者であれば、なおさらです。

しかし、
無症状の椎間板異常というのは、普通によくあるのです。
腰痛のない健康な人の7割以上から、椎間板ヘルニアは見つかっているのです。
そういう人のMRIを撮れば、ヘルニアの画像になるのです。


結果 その2

腰痛に対する危険因子として、心理社会的な側面が見られました。

心理社会的な側面− 『心の部分・社会の部分』 というのは、どういうことでしょうか。
具体的には、こうです。

  ・仕事に対する姿勢 = 心理的ストレス、集中力、満足度、失業 など
  ・心理社会的因子  = 不安、抑うつ、欲求不満、夫婦関係の悪化 など

こういうことが、あなたの腰痛に、深く関わっているというのです。
椎間板ヘルニアなどではなく、心の部分・社会の部分が、
腰痛のリスクファクターになっている、というのです。

すぐには、信じられないことかもしれませんね。
それほど、この結果は、画期的なことだったのです。

この研究の大きな意義は、
『 腰痛の心理社会的側面 』 を具体的に指摘した点です。
これにより、腰痛の認識は、大きく変わりました。
だから、ボルボ賞が贈られているわけです。

実はこの部分は、現代において、腰痛解決のための新しい骨格とも言えるものです。
しかし、多くの腰痛治療の場では、そのことは知らせていません。
大変残念なことですが・・・

下のページで、詳しくお伝えします。
腰痛患者の 『心の部分・社会の部分』 の大きさ



次のページへ ・・・ こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?


はじめての方へ
腰痛は老化現象なの?
医療の進歩のおかげで、腰痛を訴える人の数は減っている?
こんな仕事をしてるから、腰痛はしかたがない・・?
腰痛には安静が第一?
背骨や骨盤に異常があるから、腰痛?
骨盤が歪んでいるから、腰痛?
腰の骨が前に反りすぎているから、腰痛?
椎間板に異常があるから、腰痛がでた?
椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?
こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?
椎間板は腰痛が出るくらいの年代から傷んでくる?
腰痛の原因は、実はまだ解明されていない
腰痛の診療と予防には頼れるガイドラインがある
腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ
2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告
『 腰痛に屈するな! 』メディアキャンペーン
ぎっくり腰の直後はどうすればよい?
とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。
作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録
NHKスペシャル 「病の起源」 【 腰痛 〜それは二足歩行の宿命か?〜 】
お問い合せはこちらから
リンク集



いろいろ試してみたけど、ダメ ・・・という方へ。

いや、能書きはいいから、
この腰痛を、とにかく何とかしたい!という方は →→→ コチラをクリック
当サイトポリシーに照らした、具体的に役立つアドバイスを記しています。
今、実際に腰痛の痛みで悩んでいる方には、助けになると思います。



医療関連ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 腰痛白書。All Rights Reserved.