腰痛の診療と予防には、頼れるガイドラインがある

数あるガイドラインの中でも、2004年のヨーロッパガイドラインが別格。
極めて示唆に富むものです。



意外とたくさんある! 腰痛診療のガイドライン

このページでは、
『 腰痛診療についてのガイドライン 』 (2004年、ヨーロッパ版)
をご紹介していきます。

腰痛の根本の原因は解明されていないが、
『 こういう時は、こうすることを薦める 』 という具体的な勧告が、
エビデンスレベルの高いものをベースにして
まとめられているものです。

しかし、その前にひと言。
実は、腰痛診療のガイドラインというのは、
世界のいろんな国で作っています。日本にもありますよ。
以下、ざっとあげてみますね。

世界の腰痛診療ガイドライン
1994 アメリカ 2001 オランダ
1996 イスラエル 2001 イギリス
1997 ドイツ 2001 日本
1998 スイス 2002 ノルウェー
1999 デンマーク 2002 カナダ
1999 フィンランド 2004 ニュージーランド
1999 オーストラリア
2000 スウェーデン 2004 ヨーロッパ


一番最後にあるヨーロッパガイドラインは、
ヨーロッパ14か国から専門家が参加して作成したものです。参加国は、
オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル
イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス。

2004年 ヨーロッパガイドライン が別格な理由

このサイトでは、2004年のヨーロッパガイドラインを紹介します。
上記のガイドライン中で、別格の内容だと考えるからです。

その理由を記しておきますね。

急性腰痛だけでなく、慢性腰痛を取り上げている点。
→ 上記のガイドラインは、急性腰痛の対処について書かれています。
慢性腰痛にも踏み込んでいるのは、ヨーロッパガイドラインだけです。
さらに、腰痛の予防法についても、記してあります。

政治的な影響の度合いが低い点。
→ あまり不用意な発言はできませんが。
ロビー活動などで、その内容に圧力がかかるということは、国によってはあります。

『こういう時は、こうすることを薦める』 という具体的な 『勧告』 がある点。
→ エビデンスに基づいて、現時点で最も適切な勧告があります。

ところで、日本版はどうか? というと、一番大切な 『勧告』 がないんですね。
これは致命的だと思います。実際に腰痛患者さんが使えませんから。
研究論文で終わってしまっている、という印象を受けます。
しかも、その内容は、ヨーロッパガイドラインとかなり違います。
日本版・腰痛診療ガイドライン


2004年 ヨーロッパガイドライン 腰痛の考え方の転換

実物はこれです。英語版です。
2004年ヨーロッパ版・腰痛診療ガイドライン


このガイドラインでは、これまでの腰痛の考え方を劇的に変えています。

これまで腰痛は、物理的・構造的・生物学的な損傷として扱われていました。
具体的には、脊椎の損傷モデルです。
しかし、これでは、どうしても説明できないことが多すぎますし、
実際の治療効果もよくありませんでした。
その一例は、このサイトでご覧くださっている通りです。

ヨーロッパガイドラインは、その考え方とは違います。

腰痛を、生物的・心理社会的な要因からくる痛みの症状としてとらえ、
そのタイプごとに、『勧告』を出しています。

EBMを踏まえた研究の結果から、そうなったわけです。
では、そのガイドラインを、具体的に見ていきましょう。

2004年 ヨーロッパガイドライン 具体的な内容

では、その内容は、具体的にどんなものなのでしょうか。

まず最初に、腰痛患者を診断する時、急性・慢性とも、
「重大な脊椎病変の可能性があるかどうか」 をチェックします。
それには、『 レッドフラッグ 』 というチェック項目を使います。

重大な脊椎病変とは、
悪性腫瘍、脊椎感染症、骨折、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、馬尾症候群
といったものです。
これらは重大な病気。そのひとつの症状として「腰痛」が現れるわけです。

患者数としては、全腰痛の5%以内で少数ではありますが、
万一それに当てはまっていた場合は、大変です。

『 レッドフラッグ 』は、生物的な要因です。
具体的な項目は、下の通りです。
■ 発症年齢が20歳未満か55歳超
■ 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
■ 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)
■ 胸部痛
■ 悪性腫瘍の病歴
■ 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
■ 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
■ 全般的な体調不良
■ 原因不明の体重減少
■ 腰部の強い屈曲制限の持続
■ 脊椎叩打痛
■ 身体の変形
■ 発熱
■ 膀胱直腸障害とサドル麻痺


レッドフラッグに該当した患者には、画像検査や血液検査をして、
「重大な脊椎病変」がないかどうかを調べる
 ように、
ガイドラインは勧告しています。

あなたの場合は、いかがですか。
もし、何か該当するものがあった場合には、
「重大な脊椎病変」の可能性を否定はできないので、
きちんと検査を受けた方がよいのです。

逆に、レッドフラッグに該当しない人であれば、
まず「重大な脊椎病変」ではないと考えてよいようです。
例外の可能性は、0.04% 程度との報告があります。


『 レッドフラッグ 』 がない場合。
なんと、時が経てば、腰痛は自然に治ってしまうものだ
と、ガイドラインは捉えています。

・・・・・
「はぁ〜 まじめに聞いて、損した〜」 というような声が
聞こえてくるようなこないような。
私の気のせいでしょうか。

「そんなことで治るなら、誰も苦労はしませんよ!」
「それこそ医者は要らないじゃないか!」

そう思われる気持ちは、もっともです。
実際、腰痛が治らないと訴える人がたくさんいるのは、事実です。

当然、ガイドラインは百も承知していますので、
こんな勧告を出しています。

腰痛が長引いている人には、『 イエローフラッグ 』 をチェックします。
『 イエローフラッグ 』 は、心理社会的な要因。
『 心の部分・社会の部分 』 です。

実は、これこそが、極めて重要なポイントです。
次のページで、詳しく記します。



次のページへ ・・・ 腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ


はじめての方へ
腰痛は老化現象なの?
医療の進歩のおかげで、腰痛を訴える人の数は減っている?
こんな仕事をしてるから、腰痛はしかたがない・・?
腰痛には安静が第一?
背骨や骨盤に異常があるから、腰痛?
骨盤が歪んでいるから、腰痛?
腰の骨が前に反りすぎているから、腰痛?
椎間板に異常があるから、腰痛がでた?
椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?
こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?
椎間板は腰痛が出るくらいの年代から傷んでくる?
腰痛の原因は、実はまだ解明されていない
腰痛の診療と予防には頼れるガイドラインがある
腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ
2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告
『 腰痛に屈するな! 』メディアキャンペーン
ぎっくり腰の直後はどうすればよい?
とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。
作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録
NHKスペシャル 「病の起源」 【 腰痛 〜それは二足歩行の宿命か?〜 】
お問い合せはこちらから
リンク集



いろいろ試してみたけど、ダメ ・・・という方へ。

いや、能書きはいいから、
この腰痛を、とにかく何とかしたい!という方は →→→ コチラをクリック
当サイトポリシーに照らした、具体的に役立つアドバイスを記しています。
今、実際に腰痛の痛みで悩んでいる方には、助けになると思います。



医療関連ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 腰痛白書。All Rights Reserved.