作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録

著書 『腰痛放浪記 椅子がこわい』 から。


『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 作家・夏樹静子さんの腰痛体験報告

夏樹静子「椅子がこわい」

作家の、夏樹静子さんをご存じでしょうか。
ミステリー作家として、多くの作品を書かれている方です。
映画にもなった 『Wの悲劇』 は、彼女の作品です。

その夏樹静子さん、実は、極めてツライ腰痛で苦しんでらっしゃいました。
その期間は、約3年間。

幸い、彼女の腰痛は劇的に回復して、その闘病の詳細を、本にまとめられました。

そこに書かれている内容は、きわめて示唆に富むものです。
新しい腰痛の考え方が、ここにも記されている! という感じです。
腰痛に悩む方には、ぜひ一読していただきたいと思い、
その一部を抜粋して、ご紹介いたします。


『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − まえがきより

私は、1993年1月から約三年間、原因不明の激しい腰痛と、
それに伴う奇怪とさえ感じられるほどの異様な症状や障害に悩まされた。
考えられる限りの治療 −最後に、どうしても最後まで信じられなかった
唯一の正しい治療法に辿りつくまで− を試みたが、何ひとつ効なく、
症状はジリジリと不気味に増悪した。
私は心身共に苦しみ抜き、疲れ果て、不治の恐怖に脅かされて、
時には死を頭に浮かべた。

95年春、発症後二年余りした頃、私はもうほとんど仕事もできなくなって、
自分はこの得体の知れぬ病気によって死ぬか、自殺するか、
それとも余病を併発して死ぬ(毎日ひどいストレスにさらされているわけなので、
その可能性が最も高いと思った)以外にないと考え始めていたから、
せめて自分の経験したことをありのまま記録しておこうと心に決めた。
世の中には腰痛持ちの人はずいぶん多いと聞くし、腰痛でなくても、
どうしても治らない、わけのわからない苦痛を抱えている方も
少なくないのではないだろうか。
私の記録は、もしかしたら誰かの、何かの参考になるかもしれないと思った。

なにぶん、真暗闇で脱出不能の森の中に踏み迷ったような精神状態で、
肉体的には坐ることもできず、
横向きに寝て、ボール紙に貼りつけた原稿用紙に書き綴った文章には、
今読み返してみると、理解できないくらいにおかしな箇所も多々ある。
「この記録は、もしかしたら私の遺書になるかもしれない」という書き出しからして、
すでに相当平静を欠いた心境がうかがわれるのだ。

が、ともかくその記録からこの本を始めてみることにする。

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 第一章より

今の私の最大の望みは、掛けていることを意識せずに椅子に掛けてみたい。
立っていることを苦痛と感じずに、ぼんやりと立ってみたい。
ほとんどの人が当たり前にやっていることが、私にはただただ羨ましいのだ。

そして、なんといっても大部分の時間私の意識を覆いつくしている、
このやりきれない痛みから解放されたい。
−こういう状態が、もう二年余りも続いているのである。

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 第五章より

その後長い日がたってから、
私は平木先生に私とはじめて会った前後の見通しや印象を尋ねてみたことがある。
彼が当時のメモを見ながら答えてくれた内容はおよそつぎのようなものだった。

送られてきた病歴を読み、心理テストを判定した段階で、
すでに心身症としての条件は十分に満たしていると思った。

心身症の診断には、身体面、心理面での診察と、
その二つの間の心身相関の証明という、
身体的、心理的、社会的判断が必要である。

身体面の診察では、本人の訴えが神経症的であっても
身体的な所見の見落としがないよう留意しなければならないが、
彼女の場合は、すでに数カ所で検査を受け、
MRIまで施行して異常なしといわれているので、
器質的疾患は否定的と確認できた。
すると「心因性疼痛(とうつう)障害=心身症」という病名が浮かんできた。
あとは面接で裏づけを取るだけだ。・・・

問診の結果、発症時の心理社会的背景は、
心因として十分すぎる要素を秘めていると考えられた。
たとえば本人は、書き慣れたミステリーを離れた二つの作品は、
大変ではあったがそれなりの評価を受け、
結果的にストレスとはならなかったと認識していたが、
こちらからは、作家夏樹静子のステータスを保っていくための葛藤、
枯渇していくエネルギーとあせり等々の心理社会的背景が
透かし見えるようだった。

初回の面接の中でとくに印象に残ったポイントは−

@ 夏樹静子という作家の存在を支えきれなくなってきた。
  その象徴として、身体を支える腰が痛み、弱化したという感じで本人は捉え、
  表現しているのではないか。

A 買い物をしてそれを包装してもらう間とか、信号待ちとか、
  わずかのまでも立っているのがつらいという話を聞き、
  この患者さんはたえず走り続けることによって
  仮りの安定を保ってきたのではないだろうか、と思った。
  作家としての生き方も、同じように走り続けてきたのではないか。
  今、休息を必要とし、身体もそれを要求している時、
  立ち止まることがすなわち心身の不安定に直結してしまうタイプではないだろうか?

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 第六章より

〈最近は朝から晩まで、入浴後も痛く、眠るまで続きます。・・
正直申して「心因」というより
「腰が弱ってしまって、それがどうしても治らない」という
単純だが取返しのつかない重大事態に陥ってしまったという感が強く、
この身体で生きていく自信が持てません。
先生はそれを「心身症」といわれるかもしれませんが、
私には腰のトラブルという原因が先にあって、
その苦痛ゆえに精神がおかしくなっているとしか思われません。〉

〈(返信)今お持ちの疑問は
「心因だけでこれほどひどい症状が起きるだろうか?」という点と、
「現在思い当る心因がなく、それでも症状は続いている」という点などでは
ないでしょうか。
ご自身が頭の中で考えて、合理的に納得できる病因がなかなか見つからないために、
「不幸の例外的ケースで、
現代医学ではまだ解明できていない神経筋肉系の病気ではないのか?」という
不安が生じていると考えられます。
不安な限りなく無限に大きく拡がり、
ついにはこの世のものとは思われぬような恐怖や苦痛を現出します。
この第三者から見ればいささかオーバーとも思われるような感覚、感情こそ
心因性の特徴なのです。〉

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 第八章より

「いろんな知識のあるあなたが、
どうしていつまでもその筋肉弱化に固執しているのですかね。
最初は水泳を勧められた整形の先生だって、
今ではメンタルな問題だといっておられるのでしょう?
心因性を認めると、何か心理的に都合の悪いことでもありますか」

「とんでもない、私は病名などなんでもいいのです。
ただ、症状のカオ、様相として、どうしても筋肉弱化と感じられるのと、
心因が思い当たらない。
心身相関というのがいまひとつ納得出来ないのです」

「心因は必ずしも自分で納得できるものばかりではありませんよ」

「性格的なこともあります。
私は心の病に陥るほど純粋ではないと自覚しています。
たとえば文章一つ書くのにも、最善の表現が見つからなければ次善を採り、
さっさと妥協してらくな道を歩いてきたような気がします。
何につけ、病気になるまで自分を追い詰めるほど不器用でも純粋でもないんです」

「どうかな。
あなたは自分で考えていらっしゃる以上に完全主義者だとぼくは思いますがね」
と先生は苦笑した。

「ともあれ、発症時には確かに身体的な疲れがあったかもしれません。
そこで生まれたわずかな症状が、大変なことになったという思いこみや、
絶えず意識している心理作用によって、
実際以上に修飾され、強く感じられているとは思いませんか」

「まあ、そういう意味での心の作用なら認められるかもしれません」

「そのことだけでも取り除けば、ずいぶんらくになるんじゃありませんか」

「はい」

「よし、ではこの問題はそのあたりで手を打つことにしよう」

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − あとがきより

この経験から何を学んだかと問われれば、
私はまず二つのことを頭に浮かべる。

いわゆる心身相関、心と身体がいかに密接に関わっているか。
いまひとつは、人間の中には自分の知らない自分が潜んでいて、
その自分(潜在意識)が人間全体を支配することもあるということ。

それに気づかされるまでに私は三年かかったわけで、
最も自分として認めにくかった自分を認めた瞬間から、
治癒が始まったのではないだろうか。
・・・
最近、造園設計家に面白い川の話を聞いた。
川の水には表流水と底滞水があり、表流水が速くて元気がいいほど、
底滞水は停滞し、微生物が湧いて底質が悪くなりやすい。
一方、自ら攪拌する川というのもあって、
それは底質が劣化することはないという。

人間も表流水ばかりに気をとられないで、
時には自分の川底をひっくり返して攪拌しなければ
いけないのかもしれない。

『腰痛放浪記 椅子がこわい』 − 文庫版のためのあとがきより

本が出て以後、人に会うたびに、開口一番ほとんど例外なく
「(悪いけど)面白かった!」といわれた。
今まで私が書いたどの小説より面白かったなどという、
こちらにはあんまり面白くない感想もあったものの、
結局これがまったくフィクションを混じえない、
一行一句ほんとの話だったからだろうかと、思い至った。

それから、かつての私と同様、
原因不明の激しい苦痛を抱えて生きていらっしゃる方が
世の中にはどれほど多いかを知らされた。・・・

読者のお便りにも、全部お返事を出した。
〈(器質的疾患がないのなら)必ず治られると信じます〉と
私は自身を顧みて本心から書いた。
一個人の体験がいささかでも
人さまの参考になるかもしれないと思えることは幸せである。・・





はじめての方へ
腰痛は老化現象なの?
医療の進歩のおかげで、腰痛を訴える人の数は減っている?
こんな仕事をしてるから、腰痛はしかたがない・・?
腰痛には安静が第一?
背骨や骨盤に異常があるから、腰痛?
骨盤が歪んでいるから、腰痛?
腰の骨が前に反りすぎているから、腰痛?
椎間板に異常があるから、腰痛がでた?
椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?
こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?
椎間板は腰痛が出るくらいの年代から傷んでくる?
腰痛の原因は、実はまだ解明されていない
腰痛の診療と予防には頼れるガイドラインがある
腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ
2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告
『 腰痛に屈するな! 』メディアキャンペーン
ぎっくり腰の直後はどうすればよい?
とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。
作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録
NHKスペシャル 「病の起源」 【 腰痛 〜それは二足歩行の宿命か?〜 】
お問い合せはこちらから
リンク集



いろいろ試してみたけど、ダメ ・・・という方へ。

いや、能書きはいいから、
この腰痛を、とにかく何とかしたい!という方は →→→ コチラをクリック
当サイトポリシーに照らした、具体的に役立つアドバイスを記しています。
今、実際に腰痛の痛みで悩んでいる方には、助けになると思います。



医療関連ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 腰痛白書。All Rights Reserved.