腰痛患者の 『心の部分・社会の部分』 の大きさ

心の部分・社会の部分こそが、腰痛の 『 イエローフラッグ 』


腰痛と、心の部分。 腰痛と、社会の部分。

この項目には、?? と思われる方も多いかもしれません。

腰痛ってカラダの症状なのに、どうして心の部分? どうして社会の部分?

そこで、腰痛診療ガイドラインを見てみます。
2004年 ヨーロッパガイドライン です。

前ページでご紹介したことは、こうでした。

まず最初に、腰痛患者を診断する時、急性・慢性とも、
「重大な脊椎病変の可能性があるかどうか」 をチェックします。
それには、『 レッドフラッグ 』 というチェック項目を使います。

レッドフラッグに該当した患者には、画像検査や血液検査をして、
「重大な脊椎病変」がないかどうかを調べます。

『 レッドフラッグ 』 がない場合は、
時が経てば、自然に治ってしまう種類の腰痛と考えられる。

つまり、
重大な脊椎病変でないのであれば、
腰痛は、極端に言えば、ほっておけば、自然に、回復しますよ。
と言っている訳です。

私の独断じゃありませんよ。
2004年 ヨーロッパガイドライン が言っているんです。
「根拠に基づいた医療」−EBM− を踏まえて作成された、
極めて信頼できる腰痛診療ガイドラインが、そう言っているんです。

しかし、「私の腰痛は、全然治らないじゃない・・」 とおっしゃる人は、たくさんいます。
その言葉は、もちろん本音であり、真実であるわけです。

それに対して、ヨーロッパガイドラインは、
レベルの高いエビデンスに基づいて、このようなメッセージを発信しています。

重大な脊椎病変でないのであれば、腰痛は、回復すべくして回復する。
回復しなかったり、回復が遅れるのは、
回復を妨げてしまう 「 別の要因 」 があるからだ。

その、「 別の要因 」 というのが、『 心の部分・社会の部分 』 です。

これが、現時点における、エビデンスから導かれた結果なのです。


『 心の部分 ・ 社会の部分 』 の、具体的な内容

『 心の部分 ・ 社会の部分 』 は、
『 イエローフラッグ 』 という チェック項目で把握していきます。

腰痛を回復させるのを妨げている 「 ある要因」 = 
『 イエローフラッグ 』 を、ひとつひとつ解決し、無くしていくことで、
その結果として、腰痛がおさまっていく。
という考え方です。

『 イエローフラッグ 』 には、いろんな表現がありますが、
ここでは、そのいくつかを紹介いたしましょう。

あなたにもあてはまるものが、あるでしょうか?
試しに、読んだら2秒くらいで、「はい/いいえ」を即答してみて下さい。


『 イエローフラッグ 』 の内容(抜粋)

★ 腰痛は有害だと信じているか、あるいは痛みへの恐怖心から、
  回避行動 (動作恐怖と極端な用心深さ) をとり続けているため、
  そのうち車椅子生活や寝たきりになるかもしれないと思っている。

★ 痛みが完全に消えてからでなければ、
  日常生活や仕事には戻れないと考えている。

★ 日常生活や仕事によって、腰の痛みが強くなると思っているので、
  元の生活に戻るのが不安である。

★ 腰の痛みを消すのは、難しいと信じている。

★ 長い間安静にしたり、必要以上に休息をとったりする。

★ 日常生活動作を避けているため、運動不足である。

★ 0〜10までの尺度で痛みをきかれる時、
  10を超えるようなきわめて激しい痛みを訴える。

★ 治療者や治療方法、医療機器に対する依存心が強い。

★ 腰痛を発症してからあまりよく眠れない。

★ 職場復帰に対する経済的動機が乏しい。

★ 生活保護(所得保障)や医療費の問題で紛争していて、
  その解決が遅れている。

★ 腰痛以外の傷害や痛みの問題で補償請求をしたことがある。

★ 腰痛以外の傷害や痛みの問題で仕事を3ヵ月以上休んだことがある。

★ 機能回復を目指す治療は行なわずに、安静を指示された。

★ 腰痛に関して異なる診断や説明を受けて混乱した経験がある。

★ 絶望感と恐怖心をいだかせる(車椅子生活を連想させるような)
  診断名を告げられた。

★ 受け身的な治療を続けているうちに治療への依存心が強くなり、
  腰痛がさらに悪化している。

★ 身体を機械のように考えていて、その修理を求めるような
  技術的な治療法への期待感がある。

★ これまで受けてきた腰痛治療に対して不満がある。

★ 仕事をやめなさいというアドバイスを、受けたことがある。

★ 日常生活や仕事によって強くなった痛みに対する恐怖心がある。

★ 抑うつ状態(ことに長期間にわたる気分の落ち込み)があり、
  楽しいと思えることがない。

★ 普段から、とても怒りっぽい。

★ 自分の気持ちを抑えられないほどの大きなストレスを感じている。

★ 自分は役立たずで、誰にも必要とされていないと感じている。

★ 配偶者やパートナーが過保護である。
  あるいは、痛みに対する恐怖心をあおったり、絶望的な気持ちにさせたりする。
  (たいていは善意からのもの)。

★ 仕事を代わりにしてくれるなど、
  配偶者やパートナーが熱心に気遣ってくれる。

★ 職場復帰へ向けたあらゆる試みに家族の協力が得られない。

★ さまざまな問題について語り合える相手がいない。

★ 仕事は腰にダメージを与え、危険で有害なものだと信じている。

★ 非協力的で不幸な職場環境で働いている。

★ 24時間交代勤務制、もしくは人が働かないような時間に仕事をしている。

★ 腰痛に対する会社側の対応で嫌な思いをしたことがある。
  腰痛になったことを報告するシステムがない、報告が禁止されている、
  経営者や上司からの懲罰的な反応など。

★ 会社側が関心を持ってくれない。

・・・・・・・・

どうでしたか?
たくさんありましたね。
質問の内容に、ビックリしませんでしたか。
腰痛とはまったく関係のなさそうな質問もありますから。

こういったことが、腰痛の回復を妨げる
『 イエローフラッグ 』 = 『 心の部分・社会の部分 』 です。

『 レッドフラッグ 』 を除外したのち、腰痛が長引いている人には、
腰痛の回復を妨げている 『 イエローフラッグ 』 をチェックする。

当てはまる項目があれば、ひとつひとつ無くしていく方向でのアプローチする。

これが、2004年 ヨーロッパガイドラインの、勧告なのです。

腰痛診断は、今、劇的に転換しているのです。


ところであなたは、この 『 イエローフラッグ 』 の内容を、
病院で診察を受けた時に、質問をされたこと、ありますか。
整体や鍼灸、マッサージの院などで、質問をされたこと、ありますか。

おそらく、ないのではないでしょうか。

日本においては、2004年 ヨーロッパガイドラインは、ほとんど普及していません。
それどころか、そもそも、腰痛診療のガイドラインがあるということ自体、
ご存じでない医師や施術家も多い様子です。

興味があれば、あなたの担当のお医者さんに、
「ガイドライン」に基づいた診断をしてくれているか、
そもそも「ガイドライン」があるということを知っているか、
質問してみるとよいでしょう。

・・・でも、お医者さんを責めてしまうのは、酷かもしれません。
日々、本当にたくさんの患者さんを診ているのですね。
熱心でないワケではないんです。とにかく、時間がないんでしょう。

しかし、2004年 ヨーロッパガイドラインは、
「 腰痛診療の劇的な転換 」 であるので、
ぜひ知っておいてほしいものです。


イエローフラッグ ・・・どうもピンとこないんだけど・・・

心の部分・社会の部分、イエローフラッグ・・ 
  どうも、いまいちピンとこない、という方もいらっしゃるでしょう。

私自身は、はじめてこの概念に触れた時には、
「そうかっ、なるほど、そういうことだったんだぁ! 」 という感じでした。
それまでの臨床経験から、カラダの物理的な構造や機能だけでは、
どうも片手落ちのような気持ちがあったからです。

いくつか、イメージしやすいと思えることを書いて見ましょう。

ストレスで胃が痛い。同じように、ストレスで腰が痛い。

「ストレスで胃が痛くなる」ことは、誰でも一度は体験しているでしょう。
ストレスが引き起こすカラダの症状は、どこに出ても不思議ではありません。
ストレスで腰が痛くなることは、現代では、ごく普通のケースとなりました。

椎間板ヘルニアのMRI写真 の強烈なイメージ

このサイトを、順番にお読み下さっている方は、
椎間板ヘルニアのMRI撮影写真を、一度ご覧いただいたことと思います。

憶えていますか。ヘルニアの、あの強烈な画像。
こちらです。 → 「 腰部 椎間板ヘルニア MRI 」 で Google 検索した画像

そこでも書きました通り、
椎間板ヘルニアのMRI写真は、ヘルニアが神経を圧迫していて、
見るからに痛そう! です。

・ 腰が痛くて病院に行ったら、MRI撮影をすることになった。
・ その結果は、先ほどのような、椎間板ヘルニアの画像であった。
・ だから、腰痛は椎間板ヘルニアだから起こったのだと、信じた。
   → これが 『 イエローフラッグ 』 です!

その感じ、つかめますでしょうか。

2004年 ヨーロッパガイドラインは、このようなケースも危惧して、
「レッドフラッグがない限り、むやみに画像検査をしないこと」
と勧告しています。

画像撮影は、イエローフラッグを増やすことになりかねませんし、
「一応撮っておきましょうか〜」 なんて発想はあり得ないのです。


  ※ 以下のページも、ご覧下さい。
    椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?



・・・・・・
いかがでしょうか。
腰痛と 『 イエローフラッグ 』 のニュアンスは、こんな感じです。


次のページでは、2004年 ヨーロッパガイドライン の、
その他の重要な勧告を記します。



次のページへ ・・・ 2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告


はじめての方へ
腰痛は老化現象なの?
医療の進歩のおかげで、腰痛を訴える人の数は減っている?
こんな仕事をしてるから、腰痛はしかたがない・・?
腰痛には安静が第一?
背骨や骨盤に異常があるから、腰痛?
骨盤が歪んでいるから、腰痛?
腰の骨が前に反りすぎているから、腰痛?
椎間板に異常があるから、腰痛がでた?
椎間板ヘルニアが、腰痛の痛みをひき起こすの?
こんな仕事をしているから、椎間板が変性してしまう?
椎間板は腰痛が出るくらいの年代から傷んでくる?
腰痛の原因は、実はまだ解明されていない
腰痛の診療と予防には頼れるガイドラインがある
腰痛患者の『心の部分・社会の部分』の大きさ
2004年ヨーロッパガイドライン その他の重要な勧告
『 腰痛に屈するな! 』メディアキャンペーン
ぎっくり腰の直後はどうすればよい?
とにかく何とかしたい! ・・ という方へ。
作家・夏樹静子さんの腰痛との格闘の記録
NHKスペシャル 「病の起源」 【 腰痛 〜それは二足歩行の宿命か?〜 】
お問い合せはこちらから
リンク集



いろいろ試してみたけど、ダメ ・・・という方へ。

いや、能書きはいいから、
この腰痛を、とにかく何とかしたい!という方は →→→ コチラをクリック
当サイトポリシーに照らした、具体的に役立つアドバイスを記しています。
今、実際に腰痛の痛みで悩んでいる方には、助けになると思います。



医療関連ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 腰痛白書。All Rights Reserved.